So-net無料ブログ作成

ガソリンメーター問題 [クルマ:ルノー・キャプチャー]

 乗り換えから1年半ほどが経過したキャプチャー。
 先日はリコール(フロントのタイヤハウス問題)などもありましたが,総じて気持ちよく走れています。
 
 が,相変わらず困っているのがガソリンメーター。
 以前,納車から3ヶ月くらいの頃に,一度「ガソリンメーターがおかしくなった」話を書きました。
 その続き(今頃!?)です。

 キャプチャーのガソリンタンク容量は45リッター。20リッター近く消費したとデジタル(オンボードコンピュータ)の消費計が示しているのに,アナログメーターはまだ4分の1も動いていなかったり,針が戻って(ガソリンが増えて!)しまったりする。これが「おかしくなった」状態です。最初におかしくなったときは,針が戻ってしまって満タン状態になり,その後下がらなくなりました。パーツ交換の後も,デジタル消費計とアナログメーターが合わないことが何回かありました。以前,同テーマの記事を書いたときのコメントでご紹介いただいた記事では,下がったメーターが,満タンにしても戻らないという話が書かれていました。

 今年の夏,長岡市内への高校を訪問したとき,行きの高速走行中に,左のダッシュボードあたりから何かが響くような音が出ていて,よもやドアミラーにまた何か問題が出た(納車直後に取り付けボルトが緩んでいた)のかと不安になりました。長岡市内の高校訪問を終えた後,ルノー金沢の担当さんに電話を入れて,柏崎市に移動する途中にある「ルノー新新潟 長岡」さんでチェックしてもらうことにしました。
 幸い,ミラーに問題はないし,他に走行の妨げになりそうなものも見当たらない,ということでしたが,メカニックさんが「念のため」と,ホイールナットの増し締めをしてくれました。そのとき,ふと思いついてガソリンメーターのトラブルって出てませんか,と訊いてみました。私のは下がらなくなってしまうんですが,と訊くと,
「キャプチャーは何台か出てますが,そういう話は聞いたことがないです。ガソリンを入れたら,メーターがまったく反応しなかったというのはあります」
「自分は30リッターくらいで給油するんですが」
「ああ,それくらいだと,トラブルの元になるみたいですよ」

 何ですと!?

給油は,40リッターを少し超えるくらいまで使ってから,一気に満タン,がいいようです。給油量が少なすぎる,例えば5リッターくらいだと,ぴくりとも針が動かなくなることもあるみたいですね」
 知らなかった……。
「同じコンポーネントを使っているルーテシアでは,こんな話聞かないので,キャプチャーというクルマの問題なんでしょうね」
 増し締めだけだから,お代は結構です,と送り出していただきました。

 その後,ルノー金沢さんで事のてんまつを話し,以来,給油は40リッター超えを目安にしています。
 そうしていると,アナログメーターの(現在の)挙動が何となく理解できてきました。
 ・消費メーターが20リッター → 4分の1減ったくらい
 ・消費メーターが30リッター → 2分の1減ったくらい
 で,ここから急激に針が加速(笑)します。消費メーターが35リッターを指す頃には残り4分の1くらいまで下がり,40リッターを指すとイエローゾーンに入る。これがアナログメーターの「流儀」のようです。

 これまでは,遠距離を走るときには必ず満タンにしてから出発していたのですが,キャプチャーにはこの手が使えないケースもあるようです。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0